デザイナーズマンションで使われる用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『デザイナーズマンション用語集』

●●●装飾・様式●●●

【ファサード】

ファサードとは正面から見た外観のことで、その建物の顔とも言えます。
建築デザインを行ううえで、特にデザイナーズマンションではとても重要とされます。
地域の顔となるようなデザイナーズマンションは、例外なくファサードが素晴らしいです。

【ガウディ】

ガウディとは、独創的な作風が魅力のスペインの建築家です。
スペインの首都バルセロナには約30点のガウディの作品が残されています。
現在建築中のザグラダファミリアもガウディの作品で、2026年には完成するのではない
かと言われています。

【アールデコ】

アールデコとは、1920年〜1930年代に欧米で流行した装飾美術です。
アールデコ様式は直線的で幾何学的といわれ、ニューヨークにあるロックフェラーセンター
ビルが代表的なアールデコ様式の建築物です。

【アールヌーボー】

アールヌーボーとは19世紀末にヨーロッパで生まれた比較的新しい装飾美術で、曲線的な
デザインが特徴です。
デザイナーズマンションではエントランスなどにアールヌーボー様式的なデザインが用い
られることがあり、欧風の優雅さが演出されています。
インテリアとしてもアールヌーボー様式は人気があり、ガレ風のランプなど落ち着きのある
優雅さは癒しの空間に彩を与えてくれます。
その他の用語としてルネッサンス様式やバロック様式、ビクトリア様式などがあります。

【アクティブソーラー】

アクティブソーラーとは、太陽パネルなどの機器を用いることで太陽熱エネルギーを利用し
給湯や冷暖房などを行うシステムを指します。
一方、窓を大きくしたり蓄熱材を用いるなどの方法を使うことで、特別な機器を用いないで
太陽の恩恵を取り入れるパッシブソーラーと呼ばれる方法もあります。