デザイナーズマンションで使われる用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『デザイナーズマンション用語集』

●●●屋内●●●

【メゾネット】

メゾネットとは、マンションの一室が2階建ての一戸建てのようになっており、内階段で
つながっているタイプの住宅を指します。
フランス語で「小さな家」を意味し、生活空間を立体的に配置できるため一戸建てのような
感覚が味わえるのがメリットとされています。
ロフトとメゾネットの違いは上階部分が居室に該当するかどうかの違いであり、居室に該当
するだけの採光性などがあればメゾネット、無ければ納戸であるロフトとなります。
メゾネットがあると上階と下階とで空間を分けることが容易に出来るので、建物の多様性を
楽しむことができるというメリットもあります。
ですが上階と下階とで重複する設備を設置したり、階段などにより無駄なスペースができて
しまう場合もあるため、スペース活用が上手にできないといったデメリットもあります。

【ドーマー】

ドーマーとは、洋風住宅などの屋根に付けられる小さな屋根のある窓のことで、ドーマー
ウインドーとも言います。
外観を豊かにするアクセントとして、ドーマーを付けることもよくあります。

【ワンルーム】

ワンルームとは間取り図や広告などでは1Rと表記されることもあり、文字通り1部屋のみ
の間取りの住宅です。
部屋の中にキッチンとユニットバスがついたタイプが多く、一人暮らし用の住宅として考え
られており、玄関をあけると部屋のすべてが見えるような造りです。
部屋とキッチンとの間に仕切りがある場合は1Kと呼ばれ、一般的には部屋の中に台所が
あれば1R、なければ1Kとなります。
ワンルームでは、洗面所はユニットバスとして風呂と一緒になっている場合が多いです。

【テラス】

テラスとは、1階のリビングなどから出入りできる屋根のないフロアを指します。
2階以上では屋根があればベランダ、屋根がなければバルコニーと呼びます。